スポンサードリンク
< >

2008年07月28日

世界遺産イグアスの滝

iguasu2.jpg世界遺産「イグアスの滝」は、「自然遺産」で、ブラジル、パラグアイ、アルゼンチンの三つの国の国境をまたぐ巨大な滝で、同じ「イグアスの滝」でも申請の時期が異なり、アルゼンチン共和国は1984年、ブラジル連邦共和国が1986年となっています。

「イグアス」というのは先住民グアラニー族の言葉で「巨大な川」という意味で、地響きのような迫力ある音から「悪魔ののど笛」とも呼ばれています。

「イグアスの滝」は、イグアス川の大小300もある滝の総称なのです。最大落差80メートル、滝幅4kmでブラジル・アルゼンチンをまたいでいます。両方から滝を見ることができます。北米の「ナイアガラの滝」、アフリカの「ヴィクトリア滝」と並ぶ世界三大瀑布の1つです。

アメリカのルーズベルト大統領夫妻が訪れた時、イグアスの滝を見た夫人が「かわいそうな私のナイアガラよ」と言った話は有名です。

地元で語り継がれている「滝にかかる虹」の伝説では、シャーマンが「世にも不思議なことを起こす」という神のお告げを聞き、月の光の神秘的な虹が滝にかかったと言います。

水量が増すのは8月から12月で、水量が多いほうが、滝の迫力が増し、虹を多く見られます・この時期が観光のベストシーズンとなります,

TVなどで幾度となく、紹介されてますので、ご存じの方も多いと思いますが、実際見ると、いや体感といった方が良いかもしれませんが、
いろいろな日常のなやみなど、吹っ飛ばしてくれますョ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
posted by コーチャン at 14:42| 世界遺産、探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。