スポンサードリンク
< >

2008年11月30日

タイ空港閉鎖

タイの首都バンコクでは、現政権の退陣を求めるデモ隊タイの反政府団体「民主市民連合」が25日、行動をエスカレートし、首都の、国際空港を占拠、26日朝から空港が全面的に閉鎖されて、26日は1日で700便以上が運航出来ず、12万人の利用客に影響が出ています。

 市民連合は、首相府を3カ月にわたって占拠しており、臨時首相府が置かれるドンムアン旧国際空港でも政権打倒を唱えて座り込みを続け。25日には同空港近くで、武装した市民連合の警備員が政権支持者に銃を発砲11人が負傷する事件があり、各派の市民同士の衝突も起こりかねない、危険な状態で、
実力行使、話し合い、どちらにしても、現政権は八方塞がりな状態、

インドでの同時テロ、では不幸にも巻き込まれた方がおりました、

当サイトで再三注意喚起している海外旅行での、リスクは色々な面から起こりえます、

今後このような、事例が起こる可能性のある国は、まだまだあります、
私たちがまず出来るリスクヘッジとして、旅行保険はやはり、外せません、
勿論すべてが保障される訳ではありませんが、

現在外務省サイトにて注意喚起を呼びかけています
⇒外務省、海外安全ホームページ

にほんブログ村 旅行ブログへ
ラベル:空港閉鎖 タイ
posted by コーチャン at 19:21| タイ空港閉鎖、海外旅行のリスク、 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。