スポンサードリンク
< >

2008年06月08日

スペイン、アルハンブラ宮殿

最初に紹介する世界遺産は、スペインのアルハンブラ宮殿です、
31052_s.jpg

アルハンブラ宮殿
はスペイン・グラナダ市南東に連

なる丘の上に忽然と立つ壮麗な宮殿都市です。アルハンブラ宮殿は、イベリア半島での最後のナスル朝時代に建設さ
れた世界遺産です、

グラナダはアンダルシア地方に位置し、シエラネバダ山脈の麓にあり、800年間、栄華を誇ったイスラム教国の

異国情緒あふれる文化を色濃く残す町です。アラビア語の「アル・ハムラー(赤いもの)」から来る言葉で、「赤い

城」がアルハンブラ宮殿の名前の由来です。スペイン世界遺産アルハンブラ宮殿は、王宮、アルカサバ(城塞)、カルロ

ス5世宮殿、ヘネラリーフェ離宮など沢山の見所が有ります。「アルハンブラ宮殿、ヘネラリーフェ離宮、アルバイ

シン地区」

は、1984年世界遺産に登録されました。(正確には世界文化遺産です)

王宮は、宮殿北側に位置し、宮殿の質素な外観と比べて、王宮の内部は、「閉ざされた楽園と呼ばれ、

水と光と木々と大変きらびやかで荘厳な装飾に満たされ、豪華絢爛、普段私達が創造する宮殿そのものです、

「ライオンのパティオ」(パティオとは、中庭の事です、

124本の大理石の細い列柱が立ちならぶ回廊に囲まれている)は宮殿の中で最も有名、

中庭には威厳や恐ろしさなどいっさいない(笑 愛嬌たっぷりな12頭のライオンが水盤を支えています。
31054_s.jpg

それもそのはずで、「ライオンのパティオ」は、王の寵愛を受けていた女性たちのハーレムだという事です。

威厳のないライオン・・かわいい・・納得
posted by コーチャン at 12:24| 世界遺産、探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。