スポンサードリンク
< >

2008年04月26日

格安海外旅行保険で安心度UP

遠く離れた異国の地へ出かけると不安な要素も多いですネ!

国によっては、医療費が極端に高い所もあります、またまた私の経験で

すが、仕事兼ねてイギリスの


移民地区の皆さんの所へ(インド系の方が多い)2日間ホームステイし


た時の事、着くと早々風邪

もようで、ステイ先の知り合いが、ドクターという事で診てもらいまし

た。

先生の診断はついたのです、薬の処方もあがり、薬局の方へ行きました

ら、こちらの方では

くすりを渡せないといわれました、色々問答(あ、通訳通してね)保険

制度の都合かなんかでだめだという事でした、

(イギリスの保険制度で保護されている地域だったようです)

海外旅行保険はこういう場合も融通がきく事も多いようですよ、

では、海外旅行保険について説明します。(格安海外旅行保険があります)

海外旅行先では日本での常識が通用しない(イギリスの件のように)飛

行機に積んだはずのスーツケ

ースが出てこなかったり(これ結構あるんですよ)、思いもよらないこ

とで違反金を請求されたり、

突然の病気やケガ。国によっては救急車を呼んだだけで大金がかかる事

も、虫垂炎の手術で数十万、

数百万の費用がかかったという話しや。万が一のトラブルが発生した場

合に備えて海外旅行へ行く際

は必ず海外旅行保険に入りましょう。海外旅行保険のタイプを大きく分

けます、旅行中に発生するアクシデントやトラブルに対して

補償が組み合わされている「セット型」保険と、旅行者のニーズに合

わせ、各種保険の中から予算で、補償内容を選択、「バラ掛け型」と呼

ばれるものなど。行き先や旅行期間、ニーズに合わせてお得で、

補償内容が充実したサポートサービスを選びましょう(ちょっと

高くなりますが、添乗員つきでない方はこちらをお勧めします)外国語

がしゃべれない方は出国先で

も日本語で対応が可能な会社を選びましょう。海外旅行保険を使うこと

としては、傷害(死亡)・傷

害(死亡特別) ・傷害(後遺障害)・傷害(治療費用)・疾病治療費

用・救援者費用 ・治療・救援

費用・疾病死亡・賠償責任・携行品損害・入院一時金・航空機寄託手荷

物・航空機遅延など考えられ

ます。海外旅行保険に加入するだけでなく、出国先の状況を把握して、

かかる可能性のある病などあれば予防していくことが大事。


posted by コーチャン at 01:27| Comment(0) | 格安海外旅行保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。