スポンサードリンク
< >

2008年05月16日

格安旅行保険でいく海外旅行的アドバイス2

格安旅行保険でいく海外旅行的アドバイス2


あなたが、ヨーロッパのレストランで水を注文すると、たいがい炭酸入りか炭酸なしかチョイスを尋ねられます。

日本人には馴染みが少ないですが、ヨーロッパで水といえば炭酸入りが一般的です。

炭酸なしの水を注文する場合、「non-gas」ノンガス、これがストレートでいい易いかも、あるいは「without gas」

と付け加えて注文しよう。

でも、有名な観光地のレストランやカフェなどは、たいてい「エビアン」あるいは「ボルビック」とミネラルウォー

ターの商品名が有ります、その場合商品名で注文するのが確実です。

2

荷造りについて、手荷物以外の荷物(スーツケース等)は、放り投げられることを前提として荷造り(国によってはか

なり手荒い扱いです)。ポイントはまず重いものから、次に衣類、荷物の隙間を埋めるように丸めて入れるのがコツ



歯ブラシ、シャンプー、化粧品などコスメ系は、ポーチよりも、変形自在の巾着のほうが場所を取らない上内部の位

置固定になります。

女性の方は、裏技として生理用品をスーツケースを開けられたときに目立つ位置に、わざといれておくと、

荷物検査の時に早めに開放される場合があるようです。但し、渡航先によっては荷物検査が強化されており、必ずし

もその通りになるとは限りません。というか、このうらわざは、うまくいくか、はずれるか、両極端です、

あ、アドバイスになりませんでした、すみません
posted by コーチャン at 19:38| 格安海外旅行おもろ〜注意ポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

格安海外旅行セーフティーレシピ1

格安旅行保険で行く海外旅行ですが、保険はあくまでもなにかあっての、
もの、無事に楽しく帰ってくる、これ一番大事です、

ここでは楽しく無事に旅を終わらせるためのセーフティーレシピを
のべます、


海外旅行へ出掛けるとき気になるのが、行き先の国の天候そして気温などですね。

そんな時はここ、なんと!世界7000都市の同日同時刻の天気、3日後の天気予報がわかるウェブサイトを紹介します。

CNN WEATHERかMNS天気→ http://weather.jp.msn.com/

ここでは、3日後の天気のほかに、湿度や気温、日の出・日の入もわかります、海外旅行前には是非チェック


ヨーロッパ諸国の人々は、道ですれ違う人に微笑みかけてきます。

愛想のいいマナーがしっかりしている国だ

と、感心していると、おもわぬシッペ返しが。

よくあるのが現地男性が観光客の女性に微笑みかけてきた場合、日本では、しらない男性に微笑まれると気色悪いですね、普通なら無視をしま

すが、ここは外国まるで映画の1シーンのような1コマ、こちらもマナーとばかりに微笑返します、それは「今夜はOKよ」とあなたからの

サインととらえられてしまうことがあるので、無用な微笑み返しは注意しましよう。あ、その気ならとめませんけど!(冗談です)

海外では、意外と多くの人が、歓迎されていると思

い込む事が多いです、気が緩んでいるため、満面の笑みで微笑んでしまいがち、海外にいきなれてくると、そのへんのニュアンスがわかってき

ますが、場合によっては事件に巻き込まれたりする可能性が高い(よく旅行者が巻き込まれる事件はそういう意思のすれ違い、からの事例があるみたいです)。
posted by コーチャン at 18:53| 格安海外旅行おもろ〜注意ポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

海外旅行先トイレについて

海外旅行先でのトイレ事情について、ここ日本のように、公衆トイレが街中に点在する国は非常に珍しいです。
外国には、公衆トイレがなかったり、あったとしても無防備をねらった犯罪に巻き込まれる場合もあります、利用し

ないほうが無難。とはいつても出物腫れ物のたとえどうり
どうしても行きたいときありますね、なるべくホテルや高級デパート、大型ショッピングモールを探しましょう。

ここで、主な国のトイレ事情の解説です。

まずアメリカ
ドアの上下が30〜40cm開いているのが普通で、(防犯の理由もあり)男性用便器は、日本より位置が高いので、身長

によっては背伸びが必要。

そしてフランス
パリ市内にはカプセルトイレ(有料)なるものがあります。カフェのトイレはタイマー式で、時間が来ると切れるので

、そのときはもう一度スイッチを入れなおす必要があります。おフランス式。

問題の中国はオリンピックでもりあがっていますが
ホテルなど外国人が利用するトイレはほとんど洋式で間仕切りもちゃんとしてます、観光地などでは仕切りがないと

ころがまだ多いようです。おたがい顔と顔えをみあわせて「ニーハオ・トイレ」といわれる所以です。
また、日本ではクレーム物ですが有料トイレで鍵がかからないという信じられない所もあります、今回のオリンピッ

ク景気でかなり改善されそうですが、対応策としては2人で交代でドアを押さえるなんてどうでしょう。

も一つ問題のインド
ほとんど、しゃがんで用を足すタイプ(和式トイレ)です。地元では紙でお尻を拭く習慣がないんですね、備え付けの

水瓶から水を桶で汲んで、『左手』でお尻に水をかけて流します。

ドイツはそういう意味では日本なみといえるかも知れません、
街中でも公衆トイレは設置されておりますが、女性だけ有料だったりします。
posted by コーチャン at 19:45| 格安海外旅行おもろ〜注意ポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

要注意のジェスチャー

海外旅行で言葉が通じない、どうします、そんあときは、ボディランゲージでなんとかなるさ・・・とだれでも思い

ますが、ただし、要注意のジェスチャーがあるんです。

例として、「私=Me」を表現するときに、日本人は、人差し指で自分の顔を指したりしますね、それが外人にとって

は、奇異な印象を受けるようです。こういう場合、胸に右手を置くと「自分=Me」に関する意思表示となります。

また、日本人は、「No=遠慮や反対」のとき、手のひらを左右に振ります、国によっては相手を侮辱する事になりま

すので注意が必要。そういう場合、人差し指を立てて左右に振るといいです。

レストランで勘定をお願いする場合、手のひらに指で数字を書く仕草をすると通じます、自分の席から遠いところに

いるウェイターに意思を伝えることができます。
posted by コーチャン at 22:45| 格安海外旅行おもろ〜注意ポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

ホテルディナーショー

格安旅行保険でいく海外旅行ではオプショナルツアーをどう選択するかで、予算が決まってきます、いきおいであちこち見るのも良いですが、1考を要する所でもありますね、そしてオプショナルツアーでよくあるのがディナーショー

豪勢なディナーを食べながらショーを見る一石二鳥だと気軽に申し込む方がおおいですが・・・

実は、このディナーショーは、団体用に考えられ構成されている場合が多く、高級店でもない限り、「値段の割りに・・・」という事があります。

例えば、食器が汚れている、冷めた料理(けっこうあります)などなど。

ディナーは別の所で本格的に楽しみ、、ショーはドリンクのみで参加できるところを選ぶのが一番楽しめる方法です。

ディナーショーだと少なく見積もっても5,000円(日本円換算)程度かかる、1ドリンクだけだとせいぜい1,000円(日本円換算)です、別のお店でディナーを済ませてショーを見たほうがお得ナ場合が有ります。

そういっても、普段味わえない雰囲気をディナーショーはもっています、旅の楽しみとしては、間違いではありません、なので、事前にじっくり調べて納得できる楽しみ方をして下さい。
posted by コーチャン at 19:20| 格安海外旅行おもろ〜注意ポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

女性のスカーフにまさるもの

海外旅行中の服装はどれだけ持っていけばいいのかあれやこれやと迷いますね。女性方は、様々なシチュエーションで着こなしを楽しみたいですね。

でもですよ、スーツケースをパンパンにするほどの洋服を持っていくわけにわ・・・

そんなときの必須アイテムが「スカーフ」。
ワンピースにスカーフ、羽織るだけでもシックな雰囲気になります。

さらに、常夏の海外だからといって侮れないこともあるんです。
常夏だからこそ、レストラン等では冷房がガンガン効いていて、芯から冷えることも多々あります、そんなときにも、スカーフがもってこい。

国によっては、宗教上の理由で髪の毛を隠くす地域もあります、こういうときにもスカーフは欠かせません。

水着の上から巻けば、水着では入れないレストランでも入れるって意外と知られてませんよ(←ちょっとした裏技)

スカーフは大変便利ですよ!

「男性は?」
すみません女性のスカーフにまさるものが思い浮かびません、

posted by コーチャン at 22:59| 格安海外旅行おもろ〜注意ポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

オプショナルツアーでの注意

海外旅行での楽しみの一つとしては「オプショナルツアー」があります、
あっちもこっちも行きたいところですが、ツアー会社としては立ち寄らせ

たいところがあります。
それはよくある免税店です、

オプショナルツアーの途中でよく連れていかれる免税店やお土産屋さん。日本人にとって、日本語が通じると安心しまよね。

・・・が、大抵の場合、商品の価格が高めに設定されていることが多いので注意して下さい。店によっては、現地価格の2〜3倍は当たり前です、

中には、10倍以上の値札をつけてる所もあります、そして「半額にするから」と喜ばせて売りつける場合もあります(もちろんすべてがそうとは、かぎりません)。実に相場の5倍で買わされた方もいますよ
posted by コーチャン at 18:09| 格安海外旅行おもろ〜注意ポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。