スポンサードリンク
< >

2008年05月26日

旅行先環境について

旅行先環境について、外国にはヨーロッパ諸国、アメリカ、カナダなどサマータイム(夏時間)を採用している国が有

ります。


サマータイムとは、中高緯度の国や地域で、夏に日の出が早いことから、夏季期間だけ標準時間を1時間すすめて、

夕方からの余暇時間を有効に使えるようにした制度の事です。

特に夏休みなどを利用して、海外旅行する方、このサマータイムを知らずにサマータイムを採用している国に旅

行しますと、、バスや列車に乗り遅れ、集合時間に遅れ、さんざんな旅になります。

夏休みに海外旅行する方は、渡航先がサマータイムを採用しているかどうか、予めツアー会社に問い合わせるか、ガイドブックなどで調べておく必要があります。
posted by コーチャン at 14:02| 格安海外旅行おもろ〜注意ポイント2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

飛行機の座席、ドリアンの恐怖

さて貴方は飛行機の座席はどちらが好みでしょうか、敬遠されがちな座席は「翼の真上」ですかね。
でもですよ、長時間乗るなら、その場所こそ穴場なんです。

眺めを充分に楽しみたいと窓際ばかり目がいきますが、目的地まで長時間かかる場合、少しでも快適なフライトにす

るには、一番揺れが少ない「翼の真上」ここが一番。

では、他の乗り物の一押し快適座席はどこでしょう。

バス:一番前
電車:車両の真ん中
船舶:真ん中あたりの船底

これらの場所が揺れが少ないです。
あ、もちろん、短いフライトや観光周回の船などは、一番ながめのよい所を選んで、間違いありません、



フルーツの王様「ドリアン」

南国リゾートでは定番のフルーツですね、意外と知られてないのが、お酒との相性です。

このフルーツの王様・ドリアンとお酒の相性は、なんと、最悪。

ドリアンとお酒が胃の中で混ざりますと、なんとお腹のなかで、急激に発酵で、お腹が膨張する。最悪の場合は、死

亡した事例もあるんですよ、お酒の勢いで「せっかく南国に来たからには食べてみよう」とばかりにドリアンを食す

ると大変なことになります、もちろんドリアンのみ食べる分にはOK

飲んだら食べるな!
食べるなら飲むな!ドリアン、なんちゃって!
posted by コーチャン at 18:54| 格安海外旅行おもろ〜注意ポイント2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。